活きとし活ける土地活用

活きとし活ける土地活用

相続財産の手堅い土地活用は賃貸経営

相続などで手に入れた土地があれば、誰でも土地活用を考えることでしょう。売ってしまうという方法もありますが、すぐに売れる状態になっているとは限りません。更地で放っておくような人はいませんので、何らかの建物が建っていたり、駐車場として貸していたりするものです。一旦更地にして何かを始めるのは勇気の要ることですが、相続した土地が立地の良い場所であれば、安易に売ってしまうべきではないでしょう。立地の良い土地は、欲しくてもなかなか手に入るものではありません。
土地活用として多くの人が思い浮かべるのは、賃貸経営でしょう。駐車場よりも利益が大きいですし、住宅は人が生きていく上で必要なものですので、需要がなくなることはありません。手堅い商売です。
景気が悪くなっても家賃はそれほど下がりません。ボーナスや物価が下落しても、家賃はほぼ横ばいです。だからこそ手堅いと言えるのですが、どこでも儲かるというわけではありません。立地はとても重要です。

相続のために土地活用をするメリット

土地活用をするメリットの一つが相続です。子供に多くの資産を残すと、それに応じて税金を支払っていかなければなりませんから、何とかして税金を安くしようと考えるのは自然なことです。そのための方法として、不動産を持つ方法があります。この方法は突き詰めていくと様々な方法があります。
少額な資産であれば、例えばマンションを一室保有して賃貸にするという方法もあります。マンションを一室買うくらいなら、それほど大きなお金は必要とはなりません。そして、取得にかけた費用よりも評価額が小さいですから、その分だけ節税効果があります。ほかにも、法人を設立して子供に給料を支払っていくことによって、資産を移転していくという方法もあります。相続はお金をたくさん持っている人にとって非常に大きな問題ですから、真剣に考えなければなりません。土地活用をすることによって納税するべき金額を安くすることができますから、最適な方法だと言えるでしょう。

pickup

次世代型のコンテナハウス
http://www.idm-future-design.com/

最終更新日:2017/3/27