活きとし活ける土地活用

活きとし活ける土地活用

土地活用でいろいろな対策ができます

土地活用は、ただ単に使っていない土地を活用すると言うだけではなく、ほかのいろいろな対策に用いることができるというメリットがあります。その一つが税金です。資産をたくさん持っている人にとって、税金は大きな問題です。できることなら税金を安くしたいと考えるのは自然なことだと言えるでしょう。そのために土地や建物を取得して、それらを運用していくという方法もあります。そもそも、土地や建物はキャッシュよりも評価額が低いという点に注意しなければなりません。そのため税金の計算の基礎となる金額が安くなります。また、不動産価格は物価の上昇に合わせて上昇する傾向があると言うことを考えれば、物価上昇局面でインフレの対策に用いることもできます。土地活用をしていれば、賃料も物価に合わせて上昇させていくことができるという点にも注意が必要です。ほかにもいろいろなものに利用することができて、リスクへの対策として用いることができるのです。

土地活用対策の基礎知識

相続税対策として土地活用をすることは非常に大切なことです。相続税対策として賃貸マンションなどを建てると、相続税の計算における価値はおよそ2割下がります。そのことを相続税評価額とよびます。土地活用は相続税対策として大きなメリットがあります。相続税の納税は現金で一括して支払うことになっています。多額の相続税が必要になります。また相続税は10か月以内に納めるようにしないと課税されます。早いうちに現金を用意しておくようにすることがポイントです。土地売却をすることで相続税を支払うことにすると足元をみられ、安く買い取られるデメリットもあります。土地活用をしておくことで相続税対策ができ、相続のトラブルも避けることができます。親が残してくれた財産をめぐり、兄妹関の関係が悪化した例はたくさんあります。遺産を兄妹で分割しやすい形で土地活用するとトラブルを防ぐことができます。土地の運用で収入が入るメリットもあります。

注目サイト

長崎で不用品を処分
http://nagasaki.fuyouhin-kaitori-center.com/

Last update:2017/2/1