活きとし活ける土地活用

活きとし活ける土地活用

土地活用のことなら不動産会社へ

両親が亡くなり土地を相続することになったが、どうしたら良いのかわからない、という人が多いです。
決して珍しいケースではないものの、同じ人が何度も経験するようなことではないので、戸惑うのも当然のことなのです。ただ、空き家のままにしておくと、はっきり言って単なる金食い虫でしかないですし、下手をすると近所の人から苦情を言われてしまう、ということもあります。
だからと言って、思い出の家をすぐに壊したり売り払うのも決断しにくいものなので、そんな時はとりあえず不動産会社に土地活用の相談をしておくことをおすすめします。売るといった決断をしていなくても、査定をしてもらったり、維持費にはどれくらいの費用がかかるのか、といったことを算出してもらい、改めて検討すれば良いのです。場合によっては、空き家の巡回などをしてくれるところもあるのですが、すべての不動産会社でそのようなサービスや土地活用の相談ができるとは限らないので、事前に問い合わせておくと無駄足を踏まずに済みます。

土地活用とは土地という不動産の有効利用のこと

土地活用とはそもそも何のことなのでしょうか。
土地を持っていても、それをただ持っているだけでは何も生み出すことはできません。
もちろん、自分の土地を持っていて、そこに自分の家を建てて住んでいるという場合には、それも一つの土地活用であるとも言えるわけなのですが、それではせっかく持っている自分の土地という不動産を、無駄なく生かしているということにはなりません。
つまり、土地活用と言えるものにするためには、自分の持っている土地が何らかの収益を生むものになっていてこそ、そう呼べるものになるわけです。
そもそも土地というものは、建物とは違って自分で作り出すことのできない不動産ですから、建物以上にそれを有効に使わなければ、貴重な天然資源を無駄に遊ばせていることになってしまうのです。
この意味で、土地活用とは人間が人工的に生み出すことのできない天然資源の有効利用、というものと定義することもできることになるのです。

Valuable information

会社案内の制作を頼む

最終更新日:2017/5/26